690 views

青森の春といえば、サクラ? いえいえ「ガニ」です。

  • Twitter

  • 2

    +1

  • はてブ

青森の春といえば、サクラ? いえいえ「ガニ」です。

この記事を書いた人

ゲンサン

ゲンサン

青森日和イラストレーター

漂うように、自分のやりたい事をただ殴り書くのがオイラです。 ※最近は放浪癖あり

こんにちは! ゲンサン(無添加)です。
唐突ですが、青森の春といえば何を想像しますか?

え?桜まつりと春フェス?確かににぎやかで楽しいですよね~特に桜まつりの唐揚げは上手いの一言!
花びら大回転? そう、ゲンサンは…って何言わすんだ。

食べる事が大好きゲンサンはちょっと違う物で春を感じます。そいつを求めて今回はアウガの地下に潜入したいと思います。

アウガ地下一階の市場へ!

auga ichiba
青森県の旨い物が揃う市場、アウガの地下一階。のっけ丼の市場とはまた違う雰囲気ですねぇ。(そちらは今度紹介いたします)

auga ichiba
取材当日は外国人の方を歓迎するために特設和服体験スペースなんかも用意してありました。流石クールジャパン!

例のブツを発見。

auga ichiba
んで、ついにお目当ての物を発見!お判りでしょうか……それがこいつ。

auga ichiba
トゲ栗ガニ、青森の人は短気なので「ガニ」と呼んでおります。
ガサエビ(シャコ)と並んで青森の春に味わえる味覚です。

メスとオスではメスのほうが割高となっております。
何故かと言うと……卵が詰まっており、それがまた旨い!なのでメスが非常に人気なんです。
ただ、魚屋でバイトしていたゲンサンから言わせてもらうと、カニ身の味はオスの方が断然旨いです。
何故、語れるほど味に詳しいかは内緒ですが。

なので、身が好きな方はオス。カニみそカニの子が食べたい方はメスを選んだ方がいいでしょう。

今回のカニレポ、他のメンバーを呼んで写真とか味の感想を共有したかったのですが、どうしても青森日和の皆は忙しいようで……
本当に本当に残念です……
gani
ゲンサン一人で頂きます(ゲス顔)

ゲンサン的ガニの食べ方

用意するもの

1.美味しいカニ

2.美味しい焼酎

3.〆用に白米

4.メンバーに後から怒られてもいい覚悟

5.しょうゆ

1.まずはカニの甲羅を取る

おしりの所の隙間からべりべり~っと剥がすと……
kani1
こんな感じ。すんげーミソ!!
この時点ですでに食欲全開クックドゥーっす。

gani mesu
ちなみにメスはこんな感じ。赤い色がカニの子です。
これまた味が濃厚なんですよ……

2.甲羅の淵に溜まっているミソを集める

甲羅の淵ギリギリの部分、あとは剥がした胴体の部分にミソが残っているので、それも全て甲羅に入れます。

3.ひたすら身をほぐして詰める

kani3
カニの足や胴体からほぐしたカニ身をひたすら詰め込んでください。溢れないようギリギリまで詰め込むのがポイント!

4.醤油をほんの数滴たらし、身とカニミソを和えて完成!

kani4
これでカニ身とカニみその和え物が完成です。

togekurigani
そして、今回用意した酒は……六ヶ所が誇る長芋焼酎「六趣」
水のようにさらさらと入ってしまう危ない焼酎です。

実食

食べるのに忙しくて写真なし(苦笑)
ただ、全部食べない様にしましょう。この後の〆に使いますので……

〆のごはん

kanigohan
何も言わず、艶々の白米にのせましょう。

あーこれはあれだ。ヤバい奴だね。きちゃったねこれ。
青森の春は絶対こいつ食った方良いっすよ!

今回は青森再発見ということで、春の青森に欠かせない食材「ガニ」の特集でした。

次回もしやるなら、ホタテを特集したいと思います!!

以上、ゲンサンでした!

スポット情報

スポット情報ページ: アウガ 地階 新鮮市場

スポット名 アウガ 地階 新鮮市場
住所 〒030-0801 青森市新町1-3-7
Google Mapで見る
電話番号 017-721-8000
営業時間
店休日
駐車場 立体駐車場あり。(1~4階で買い物をすれば1000円で30分無料)
ホームページ なし

※正確な情報は直接お問い合わせください。

Google Mapで見る

  • Twitter

  • 2

    +1

  • はてブ