2,048 views

青森市丸山の『釣り工房青森』 ロッドビルダーの小野さんの職人技を見てきた!!【手作り釣竿】

  • Twitter

  • 0

    +1

  • はてブ

青森市丸山の『釣り工房青森』 ロッドビルダーの小野さんの職人技を見てきた!!【手作り釣竿】

この記事を書いた人

ゲンサン

ゲンサン

青森日和イラストレーター

漂うように、自分のやりたい事をただ殴り書くのがオイラです。 ※最近は放浪癖あり

竿って非常に大事な道具なんです。

誰もが一度は必ず手にしたことがある釣竿。日本人の殆どの人は釣りを経験したことがあり、その割合はなんと9割以上。ホームセンターでは釣竿はレジャーの必需品として様々な大きさや種類の物が陳列されている。

○釣りにおける釣竿の主な役割は3つ

1.仕掛けや疑似餌をより遠くにかつ正確に飛ばすための道具として機能する。

2.仕掛けにアクションを付ける為の道具。

3.魚が暴れた時に糸を引く力とは別にしなる事で魚を逃がさない役目。

 

昔から竿のしなり、固さ等の研究が進められ近年ではCADや物理エンジンによる設計も行われている。

 

そして、この魚を釣るための最新技術は夜の東京

 

……そう新宿歌舞伎町にある伝説のガールバー、パ○キッシュでも日夜応用されている。

女の子のスカートに正確にキャスト、アクションを付けながらめくり上げ……万が一暴れた際も逃がさない。

現代のストレスフルな状況を打開すべく、仕事帰りのサラリーマンも日夜この技術を応用して夢を追い続けるのである。

 

ー著書 進歩し続けるチラ竿の極意  (日本著作ゲン協会1000001号)

前置きが長くなりました。どうもゲンサンです。

今回は青森市丸山に釣竿工房を構える、小野さんを取材させて頂きました!

saosi018

こちらが、「釣り工房青森」の店主にしてロッドビルダーの小野 重雄さんです。

1か月のうち3分の1は海の上で釣りをしている、根っからの釣り好きでこのロッドビルダーの仕事もその趣味が影響して始めたものなんです^^

まさか、職人さんの工房へ足を踏み入れる事が出来るとは……しかも大好きな釣り竿の職人さんですよ!これは期待大ですね!

二階の工房に通されて入った瞬間……

saosi

おぉ、作りかけの竿だ!!クルクルしてる!!

どうやら、乾いたコーティング材にやすりがけをしている最中だったようです。忙しいのにほんとすいません^^;

saoisi012

コーティング剤一つもかなり気を使っており、昔の悩みは日に当たると黄色く変色してしまう事で色味が変わってしまう事が悩みだったそうです。現在は企業秘密の製法でそういった事も改善されているとの事。

さぁ、楽しくなってきました!!

ステップ① 釣竿の素材選び

saosi

これが釣竿の基になるブランクと呼ばれる棒です。釣り工房青森では主に昔ながらのグラス(ガラス繊維)ロッドを主に使用しています。

詳しい人の為に何故かと言うと、釣り工房さんでは船竿を主に作成しており、ムーチングのアクションといったらカーボンよりグラスですし何より独特のしなやかさがバラシを軽減しますよね。重さに関してはロッドスタンドにかけておけばまぁ何とか……(笑)

でも、ちゃんとカーボンもあるんですよ。

saosi

とはいっても軸はグラスのカーボングラスですが……でも軽さは半分ですので、主にキャスティングの釣り用にとってあるそうです。

シーバスロッド(ルアーロッド)はこのブランクを使用しています。

ステップ② しごき塗装

ブランクを塗装やコーティングする際、必要なのがこのしごき塗装の技術です。

saosi

ここにあるこの専用の道具(自作)を使い……

saosi

竿の下から上へ滑らせるように塗料をムラなくのせていきます。

ムラなく滑らせるために、マニキュアの除光液の原液(アセトン)を竿に塗るのが良いそうです。

んで、塗料のはいったケースを下から上へしゅーーーっと

saosi

saosi

これでムラなく塗装するのは熟練の技が必要なんです。

ステップ③ 糸巻き

saosi

この糸は主にガイドと呼ばれるパーツに巻く糸です。釣竿の輪っかを固定している部分……

saosi

そう、後ろのクリアケースの中……これ全部糸なんですよー。

saosi

釣り工房では、ロッドのカラーに合わせて様々な色を取り揃えています。一番カッコいい色を小野さんが提案しながら作成をすすめていくそうです。餅は餅屋!

ステップ④ コーティングとやすりがけ

saosi

竿を回転させながら、コーティングとやすりを繰り返して完成させます。

saosi

竿の回転台は床のアクセルペダルでオンオフさせながら丁寧に塗るのだそうです。

saosi

ここで重要になってくるのは、やすりをかけながら穴をあけたペットボトルジョウロを使い、水を少しづつかけてあげる事。そうする事でよりきれいに磨き上げる事ができます。

saosi

あと、ペットボトルは三ツ矢サイダーが一番しっくりくるとか……?

saosi

こうして、釣り工房の竿はユーザーさんへ渡されていきます^^

saosi

あと、工程管理や何回コーティングしたかは忘れないよう全て竿1本ごとに記録をとってあります。1本1本この工程表があるので忘れることなくハイクオリティーを保つことができるんですね!!

商品紹介!!

コブラスペシャル シーチャレンジャーシリーズ

ジギングから青物用の竿まで幅広いシリーズになっています。釣り工房青森のスタンダードモデル。

saosi018 saosi014

写真はヒラメ用

saosi

カーボングラスを使用したロッド。シーバス・イナダ・タイに対応可能の万能モデルもあります。

saosi

コブラスペシャル(キングコブラ)

これは直径22mmのマグロ用ロッド。松方弘樹が愛用しているマグロロッドは20mmですが、それよりも2mm太い設計になっています。

これで大間に行って一攫千金ねらいにいきましょうかね^^

saosi

他にもたくさんあるのですが、紹介しきれません・・・^^;

じつはゲンサンも……

saosi

じゃーん!コブラスペシャル、小物用ロッド!!

☆これで各40000円です。ご参考までに…

これは主にメバルとカレイ専用竿です^^2つちょっと特徴をわけて作成してもらいました。

オレンジのガイドはやわ目、紫はかた目のブランクを使用しているのでアタリの感じ方が違います。ゲンサン的には固い竿が好みです。

saosi

んで、最大の特徴はこのグリップまで曲がる謎の技術。(よく見たら右に曲がってます)
これも企業秘密なんで知る事はできませんでした。そりゃそうか(笑)

 

さいごに

青森にもロッドビルダーがいたなんて驚きです^^

昔はシマノやダイワなんかの竿じゃないとダメだよね~とか言ってましたけど、こういう風に自分だけのオーダー品も悪くありません。

なぜなら、「竿に自分の腕を合わせる」のではなく「自分の腕にあった竿」を持つことができるからです。

本気で釣りを極めたい方にはぜひぜひオーダーメイド品をおススメいたします^^

連絡先がビルダーさんの個人携帯しか無いため、釣り工房に御用の方は僕のFBメッセかako.0804(a)hotmail.co.jpへ連絡ください^^
※(a)は@に変換

ゲンサンでした^^ へばnice day♪

 

スポット情報

スポット情報ページ: 釣り工房 青森

スポット名 釣り工房 青森
住所 青森市丸山
Google Mapで見る
電話番号 非公開 お問い合わせはako.0804(a)hotmail.co.jpまで ※(a)は@に直して入力
営業時間 不定
店休日 不定
駐車場 なし
ホームページ なし

※正確な情報は直接お問い合わせください。

Google Mapで見る

  • Twitter

  • 0

    +1

  • はてブ