1,774 views

Dolphin’s OCEAN ~青森の海、陸奥湾がイルカたちの楽園だった!?~

  • Twitter

  • 0

    +1

  • はてブ

Dolphin’s OCEAN ~青森の海、陸奥湾がイルカたちの楽園だった!?~

この記事を書いた人

ハリー

ハリー

美容室アトリエハリヤマ/美容師

自称、青森で一番「ヘッドスパ」に情熱を注ぐ美容師。青森県の耳よりな情報を、雑誌やWEBマガジンに寄稿し、全国へ発信する「ライター活動」も細々とやっている。

こんにちは。ハリーです。

さて、今回の話題は夏らしく「海」
ですが、「海の生物」に関するお話しです。

みなさんは青森県の陸奥湾に、たくさんのイルカがやって来ることをご存じでしょうか?

青森 イルカ

「え? 青森の海にイルカなんているか?」
なんて声も聞こえてきそうですが、
実はイルカ、いるのです。

今回はイルカ大好き人間の筆者ハリーが
陸奥湾のイルカの生態に詳しい、青森大学の
教授を、突撃取材して参りました。

イルカに詳しい、清川教授

青森の海とイルカについて、取材を快諾して頂いたのは、

青森大学薬学部、清川 繁人(きよかわ しげと)教授

清川繁人

清川教授は長年にわたり、陸奥湾にやってくるイルカたちを
独自に調査し、その生態について深く研究をされているお方です。

青森 イルカ

今回はイルカの情報だけでなく、写真データも快く提供して頂きました!

カマイルカ

イルカといえば、水族館のショーなどで
活躍しているような「バンドウイルカ」を想像しますが、
陸奥湾にやって来るのは「カマイルカ」という小型で元気なイルカです。

青森 イルカ

体の色は、白、黒、灰色と3色なのが特徴で
小柄な体を活かし、高くジャンプすることでも有名です。

青森 イルカ

どこで見られるの?

カマイルカたちが青森の海にやってくるのは
毎年、春から初夏にかけて。

この記事を書いている7月上旬では
イルカたちはもう北海道の沖へ行ってしまっているのです……。

早春から5月にかけては、外ヶ浜町の今別
袰月(ほろづき)海岸沖から、平舘地区の沖にかけて、
イルカたちの姿を観察することができます。

青森 イルカ

それから夏までは、青森市のすぐ沖でも、
イルカ達の姿を観察することが可能です。

青森 イルカ

数年前の写真ですが、なんと青森県観光物産館「アスパム」と
隣接する「青い海公園」のすぐ沖や、青函連絡船「八甲田丸」付近などでも
元気なイルカたちの姿が目撃されてます。

青森 イルカ

こんなに街の近くまで、イルカが泳いでくるなんてみなさんご存じでしたか?

私は存じ上げませんでした……。

意外と深い歴史がある

実は、青森県とイルカの関わりは意外に深いのです。

理由の一つに、なんとあの「三内丸山遺跡」から、「イルカの骨」が出土されたのだそうです。

ということは、縄文時代、いや、もしかしたらそれ以前からも、イルカが青森の海に来ていた
ということが推測されます。

青森 イルカ

つまり青森県民は、数千年以上にわたりイルカと共に
海と共存してきた、といっても過言では無いのですね。

どうして、陸奥湾に来るのか?

カマイルカの主な餌は「マイワシ」などの魚です。

その餌であるマイワシを追い、水温が少し暖かくなる
早春から、まだ比較的水温が低い初夏まで青森湾にやって来ます。

青森 イルカ

そして、青森湾の水温が20℃以上に暖かくなると
北海道方面、噴火湾(ふんかわん)や北方領土の国後島(くなしりとう)方面まで移動します。

青森 イルカ

しかし、清川教授が長年にわたり調査した結果、どうやら他にも、イルカたちが陸奥湾にやって来る要因が、いくつかあることが、近年わかってきたそうです。

清川教授に「こっそり教えてください」とお願いしたところ、

「詳しくはまだ極秘ですが、青森県だからこそ、の理由があるようです!」

とのこと。

むむむ……とても気になりますが、正式発表を気長に待ちましょう!

これからも海を大切に

「湾」になっている海は、世界中に数え切れないほどありますが、
毎年のようにイルカがやって来る湾は、限られた場所しかありません。

陸奥湾は、イルカたちにとっての楽園になっているようです。

青森 イルカ

これからの夏の季節、海でレジャーをしたり利用する機会が増えますが、
来年もまたイルカたちがやって来れるように、青森の海を見守っていきたいですね。

青森 イルカ

地球レベルで自然環境は変化していきますが
これからも、海を大切にしていきましょう!

青森 イルカ

【写真/情報提供 清川 繁人 氏 / 青森大学 薬学部 教授】

関連ホームページ
「Dolphin Project 青森・陸奥湾イルカ情報(公式ホームページはこちら)」

【文章/ハリー(張山 和希)】

※掲載画像の無断転載・複製を一切禁じます

<青森日和 関連記事>

この夏、絶対に見逃せない「青森の海」に関する記事はこちら!

  • Twitter

  • 0

    +1

  • はてブ