3,564 views

【注意!】青森の夏山に行くべきではなかった~激しく後悔した話5選~

  • Twitter

  • 1

    +1

  • はてブ

【注意!】青森の夏山に行くべきではなかった~激しく後悔した話5選~

この記事を書いた人

ハリー

ハリー

美容室アトリエハリヤマ/美容師

自称、青森で一番「ヘッドスパ」に情熱を注ぐ美容師。青森県の耳よりな情報を、雑誌やWEBマガジンに寄稿し、全国へ発信する「ライター活動」も細々とやっている。

こんにちは。心はすっかり夏模様の、ハリーです。

さて、8月11日は今年からある特別な日になることが決まっておりますが、何の日だかご存知でしょうか?

正解は「山の日」です。

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨として制定された祝日のようですが……

申し訳ないですが青森の山、それも夏山に関して言えば私は夏山に行って、激しく大後悔しました。

今回は、その理由についてレポートしたいと思います。

1.「田代平湿原」が秘境すぎた件

八甲田山麓にある田代平湿原。こんなに広大な景色が、地元の山にあった、ということを初めて知った時は、すごく後悔しました。

もっと早く、ここを知っておけば良かった……

田代平は周りの山よりも少し標高が低いため、季節によって様々な山野草を見ることができます。

この日に見られたのは「ヤナギラン」という山野草。

なんとこの花、東京都と愛知県ではすでに「絶滅」し、秋田県、山形県、宮城県、埼玉県では「絶滅危惧種」つまりレッドリスト指定を受けているとのこと(出典:Wikipedia)

要するに、全国でもとても貴重な存在になっている山野草。それが、地元の田代平湿原で普通に見られてしまうと知った時、激しく後悔しました。

もっと早く、この花の存在を知りたかった……

2.「地獄沼」が、地獄じゃなかった件

酸ヶ湯温泉の裏手にある「地獄沼」

もはや、この世の終わり、血の池地獄、一度足を踏み入れたものは、二度と帰ってくることはできない

そんな光景を想像して、覚悟をして行ってみたところ

◆地獄沼

ん? どこが地獄なのでしょうか?

なにこれ、綺麗すぎじゃないすか?

IMGP0565

ここはかつて、八甲田山の爆裂火口だった場所で、その跡に近くから湧き出る温泉水が溜まってできた沼だそうです。 付近には噴気口がいくつもあり、草や木が生えない荒涼とした景色が創りだされ、何とも言えない光景が広がっております。 紅葉時期はもちろん、夏山としても、すごく目の保養になる場所です。

全然「地獄」じゃないということを、どうして知らなかったのだろう……

3.「睡蓮沼」の綺麗さが、想定外だった件

地獄沼から峠道をさらに山手へ進むこと30分、青森市から十和田市へ入ると、道路脇に「睡蓮沼」の看板が。

道路から遊歩道を歩くこと1分。

目に入ったのが、この光景です。

◆睡蓮沼

なんでしょう、この絶景は。

「想定外」という言葉が最近よく使われておりますが、まさにこの景色こそ、想定外と呼ぶにふさわしいでしょう。

季節によって、表情をガラっと変えるのがこの沼の特徴でもあります。

ちなみに冬(というか春先)は完全に雪に覆われ、これはこれで素晴らしい景色。

DSC01210

いつも素通りしていた先が、こんな絶景だなんて気が付かなかった。穴があったら入りたい……

4.「奥入瀬渓流」の見どころがありすぎた件

睡蓮沼から先は、下り坂が続きます。

その途中、蔦温泉(つたおんせん)のあたりはブナのトンネルになって、こんな景色。

なんですか、この反則級の木漏れ日は。

すでに後悔し始めたのですが、そこから先の奥入瀬渓流はもっと大変でした。

奥入瀬渓流は、青森市方面から十和田湖へ向かう道沿いにあるのですが、途中で見どころがありすぎて私はここへ来たことを後悔しました。

◆三乱の流れ

◆石ケ戸の瀬

◆雲井の滝

◆銚子大滝

道路とほぼ同じくらいの高さに、こんな絶景が広がりまくっているなんて、知りませんでした。

もっと緩やかな、小さめの渓流を想像していたのに。

枕投げ大会に行ったら、漬物石を投げられた気分です。

奥入瀬渓流を知らなった自分に、後悔。

5.十和田湖で休憩したら、動けなくなった件

青森県と秋田県の県境に広がる、十和田湖。

ここは約20万年前に始まった火山活動により、形成されたカルデラ湖だそうです。

特に、ここ発荷峠(はっかとうげ)展望台から見る十和田湖がこんなに大パノラマだとは知りませんでした。

水深は327mで、日本第3位の深さとのこと。

地元民なのに、知らなかった……後悔だ……。

上から眺めるだけでなく、湖畔のとある休憩スポットで腰を下ろしてみました。

吹き抜ける風が心地よく、目の前には雄大な十和田湖。それを独り占めできる、贅沢な時間。

どうしよう、立ち上がれない。

今日はここに、ずっと座っていたい。

くそう、こんな素晴らしい場所、来るんじゃなかった。

大・後・悔!!!!

それでも山に行って後悔したい人へ

というわけで、私が青森の夏山に行って後悔しまくった理由が、よくおわかりになったと思いますが……「へぇ、そうなんだ~」と聞き流したふりして密かに夏山へ行ってしまいそうな人に、忠告です!!

青森市から片道数時間でアクセスできるスポットばかりですが「油断」は禁物です。 今年は熊による獣害が多いですし、初心者は決して一人で夏山に入山することはしないでください。 痛い目にあって、本当に後悔しないように。

これから秋に向かい、山は紅葉が綺麗になっていきます。だから今こそ、夏山をしっかりと目に焼き付けておきたいものです。

それから、今回ご紹介した後悔する景色も、油断は禁物ですよ。 青森の夏山は、写真で見るより素晴らしすぎて、きっと感動しますから。

さぁ、あなたも青森の夏山へGO!!

≪青森日和 関連記事≫

死ぬまでに見ておきたい青森の絶景「城ヶ倉大橋」はもはや絶叫だった(写真大量)

【注意!】青森の海に行ってはいけない!危険すぎて帰れなくなるスポット5選!

  • Twitter

  • 1

    +1

  • はてブ