704 views

【青森ねぶた祭 2016】短くて熱い「ねぶた祭の余情」をお届けします!

  • Twitter

  • 0

    +1

  • はてブ

【青森ねぶた祭 2016】短くて熱い「ねぶた祭の余情」をお届けします!

この記事を書いた人

ハリー

ハリー

美容室アトリエハリヤマ/美容師

自称、青森で一番「ヘッドスパ」に情熱を注ぐ美容師。青森県の耳よりな情報を、雑誌やWEBマガジンに寄稿し、全国へ発信する「ライター活動」も細々とやっている。

青森ねぶた祭2016!! 8月1日~7日までの期間中、本当に多くの人々がねぶた祭に参加され、青森の短い夏に、舞い上がったことでしょう。

前回の記事に引き続き、青森日和「読者」のみなさんから寄せられたたくさんの写真、祭の中盤からフィナーレまでを、一気にご紹介いたします!

2016年夏、青森ねぶた祭!

<写真提供>
大川 久志 様 (幸畑団地地区町づくり協議会 会長)
清川 繁人 様 (青森大学 薬学部 教授)
牧野 俊之 様 (青森大学 職員)
川嶋 由佳理 様

ねぶた祭の「余情」

「余情」という言葉は「あとまで残っている、印象深いしみじみとした味わい」という意味です。

青森ねぶた祭のフィナーレを飾る、8月7日の「花火大会&海上運行」が終わると、どこか秋の気配を感じられます。

青森の人々がよく口にする「ねぶたが終われば、秋風がふく」ですね。

そんな「ねぶた祭の余情」に浸りながら、来年の夏を、楽しみにしましょう!!

  • Twitter

  • 0

    +1

  • はてブ