636 views

熱中症予防に「給スイカステーション」を浅虫でやったら、本当に熱中症予防になった話!

  • Twitter

  • 0

    +1

  • はてブ

熱中症予防に「給スイカステーション」を浅虫でやったら、本当に熱中症予防になった話!

この記事を書いた人

ハリー

ハリー

美容室アトリエハリヤマ/美容師

自称、青森で一番「ヘッドスパ」に情熱を注ぐ美容師。青森県の耳よりな情報を、雑誌やWEBマガジンに寄稿し、全国へ発信する「ライター活動」も細々とやっている。

2016年8月13日(土)、我ら、青森日和のメンバーは
青森市浅虫にある「サンセットビーチ浅虫」で、とあるイベントを決行しました。

その名は「給スイカステーション」

給水ステーション? いいえ、給「スイカ」ステーションです。

給スイカステーションとは?

日本財団が主として活動している「海と日本プロジェクト」の一環として、
「熱中症予防に、ミネラル豊富なスイカを食べよう!」という目標を掲げ、
「スイカクラブ」という団体が主催し、全国の海水浴場などで行われているイベントです。

カットしたスイカをカップに入れ、それを無料で提供するという
なんとも太っ腹な企画なのです。 これで、熱中症になる人が少しでも減り、
「熱中症予防にはスイカ」という概念が広がれば、という願いが込められてます。

給スイカステーション設営

この日は青森日和の編集長フキーと、わたくしハリーの2名で給スイカステーションを決行。

設営中から、周りの海水浴客から、視線がちらほら。
きっと「なに?あの妙な二人組?」と思われていそうです。

しかし、「スイカ配布中!」の旗が立ち、テーブルが設置されると
内容を察知したのか、早くもお客さんたちがやってきました。

 

お客さん「すみません、スイカもらえるんですか?」

我々「あと10分待って!!」

こんなやり取りを10回ほど繰り返しました(笑)

恐るべし、給スイカの魔力。

給スイカステーション開始!!

スイカをカットし、おそらく100人分程を用意して顔を上げると、
かなりの数のお客さんが行列を作っておりました。

みなさん「まだー?」という視線をこちらに向け、早くスイカを食べたそう。
すみません、先に写真撮らせて……。

そして14時、給スイカステーションオープン!!

と同時に、この状況(笑)

まさに、スイカのタイムセールですね。

でも、みなさん嬉しそうに食べてくれてました。

子供から大人まで、海で食べるスイカは美味しいようです。

熱中症予防に、スイカを

この日、約2時間弱でスイカはすべて完売。
我々も試食がてらスイカを数切れ食べてみたのですが、実に水分豊富で美味しかったです。

お客さんたちからも「すっげー美味いよ、このスイカ!!」と称賛を頂けました。

海で楽しく遊び、遊びすぎて気が付いたら熱中症……。
そんな状況にならないように、水分は必須です。

しかし水分だけじゃなく、ミネラルも一緒に採れるスイカは、熱中症予防に
本当におススメ。

実際に、30℃という炎天下の海岸で2時間立ちっぱなしだった我々も、スイカのおかげで熱中症にはならずに済みました。恐るべし、スイカのパワー!!

そして、大好評だった「給スイカステーション」

またどこかで、ひっそりと決行されるかも??

  • Twitter

  • 0

    +1

  • はてブ