753 views

【あおもり山ガール】青森県最大の名峰「岩木山」は、こういうファッションで歩こう!

  • Twitter

  • 1

    +1

  • はてブ

【あおもり山ガール】青森県最大の名峰「岩木山」は、こういうファッションで歩こう!

この記事を書いた人

ハリー

ハリー

美容室アトリエハリヤマ/美容師

自称、青森で一番「ヘッドスパ」に情熱を注ぐ美容師。青森県の耳よりな情報を、雑誌やWEBマガジンに寄稿し、全国へ発信する「ライター活動」も細々とやっている。

こんにちは。ハリーです。

日に日に増す秋の深まりに、気持ちが高ぶらずにはいられません。

「青森の山歩き」に特化した「山ガールファッション」をご提案するこの企画。

前々回の「あおもり山ガール・奥入瀬渓流 ver.
そして前回の「あおもり山ガール・秋の八甲田山 ver.

第3弾は、青森県最大の名峰「岩木山」へ行くためには、どんなファッションをすれば良いか?

すっかりおなじみの、青森市内で最大規模のアウトドア用品店「グリーンハウス青森店」にご協力を頂きました!

最高峰、岩木山へ!

<写真出典:wikipedia>

「あおもり山ガール」の女子たちに、いつかは一度、トレッキングへ行ってもらいたい山。それは、青森県最大の名峰「岩木山」です。 標高は、1625mと、青森県の最高峰。凛としてたたずむ岩木山は「津軽富士」とも呼ばれてます。

かつて太宰治は岩木山の姿を「十二単を拡げたようで、透き通るくらいに嬋娟たる美女」と喩えたそうです。

8合目まで行ける!

「でも、そんなに高い山、歩いて登れないよ」

と、不安になる方へ朗報です。実は岩木山には「津軽岩木スカイライン」という道路が開設されていて、山麓から8合目までは、車やバスで行けちゃうんです。

山麓から8合目までは、厳しいこう配が続くため、登山に慣れた人でも苦しい場面などもありますが、そこから上はわりと楽しく歩けるのです。

これなら、岩木山に初挑戦のあおもり山ガールたちでも、挑めるのでは?

<写真出典:http://grand-touring-japan.travel.coocan.jp/roadofjapan/tohoku/tugaru/tugaruiwaki.htm>

「あおもり山ガール」の着こなし術!

8合目まで車で行けて、楽に山頂まで歩けるとはいえ、やはりそこは青森県最高峰の岩木山。決して、油断はできません。 万が一のケガや、不測の事態をも想定し、それでいてトレッキングを楽しめるファッションをしっかりと選べるのが「あおもり山ガール」です。

というわけで、今回の「青森日和的・コーデ」はこちら!

◆あおもり山ガール・岩木山チャレンジ ver.

◆ハット/フェニックス ウォーターフラワーレインハット ◆ジャケット/THE NORTH FACE クライムライトジャケット ◆ショートパンツ/フェニックス アラートファインショートパンツ ◆タイツ/シースリーフィット パフォーマンスロングタイツ ◆ブーツ/スカルパ ミトス MF GTX ◆ザック/オスプレイ シラス24 ◆トレッキングポール/ブラックダイヤモンド ウィメンズトレイル

<コーデのポイント>

テーマは「岩木山にいたら、振り向かれる女の子」(笑)

今回は全体的に「水色」をベースとしたファッションです。帽子とジャケット、そしてザックをすべて水色で統一しました。 山ガールといえば、これまで可愛らしいスカートやパンツスタイルを提案してきましたが、今回は少し「ガチで」登山を楽しんでいそうな「ショートパンツ&タイツスタイル」です。

今回も「派手すぎず、地味すぎず」しかし「こういう子、山にいたら振り向いちゃうよな」
というメンズの声が聞こえてきそうなファッションにしてみました。

<コーデをもっと詳しく>

THE NORTH FACEのジャケットは、225gという超軽量でありながら、しっかりとした着心地。
耐水性もバッチリで、山だけでなく秋の普段着としても映えそうです。

過酷な山歩きをも想定して作られている、アウトドアメーカーのタイツとショートパンツですので
長時間の歩行の疲労軽減にもつながります。

今回のブーツは、イタリアの老舗ブーツメーカー「スカルパ」をチョイス。女性用のスリムなラストを採用し、小さいサイズまでカバーする機能的な登山靴です。

ザック&ポールがすごい

今回は「ザック」と「トレッキングポール」という2つのアイテムが加わりました。

ザックはアメリカの有名メーカー「オスプレイ」をチョイス。

身体にフィットしやすい設計で、ザックをこれまで使ったことのない女性でも安心できる設計です。ぜひ、ランチのお弁当や水筒なんかを入れて、楽しく歩きたいですね。

足場の悪い岩場や、疲労の軽減につながる便利な、ブラックダイヤモンドのトレッキングポール。身長に合わせて伸縮が可能です。

オスプレイのザックは、いちいちザックをおろさずにポールが収納可能な設計ですので利便性が高いです。この機能には、青森日和スタッフ一同、驚きまくりでした。

今回もご協力頂きました

「あおもり山ガール 岩木山チャレンジver.」のコーデにご協力頂いたのは、青森市浜田のドリームタウンAli(アリー)内にある、グリーンハウス青森店のスタッフ、長畑さん。


全3回にわたって、素晴らしいコーディネートのアドバイザーをしていただきました。

グリーンハウス青森店では、数え切れないほどのアウトドア製品を常にラインナップし、使う人の用途に合わせてさまざまなご提案が可能です。

特にこれから肌寒くなってくる季節は、アウトドアファッションは山だけでなく、街中でも活躍する機会が増えると思います。しかし、本当に自分に合った製品を選ぶのは、慣れている人でもなかなか時間がかかるもの。グリーンハウス青森店のベテランスタッフさんたちからは、的確なアドバイスを頂けますので、安心してお買い物が楽しめます。

「あおもり山ガール」のみなさん、ぜひとも、楽しい秋のアウトドアファッションをお楽しみください!

スポット情報

スポット情報ページ: グリーンハウス青森店

スポット名 グリーンハウス青森店
住所 青森県青森市浜田3丁目1-1
Google Mapで見る
電話番号 017-752-1004
営業時間 10時~21時
店休日 年中無休
駐車場 あり
ホームページ http://www.ys-greenh.com/ghhpshop.htm

※正確な情報は直接お問い合わせください。

Google Mapで見る

  • Twitter

  • 1

    +1

  • はてブ