1,593 views

【SOREL×青森日和】おしゃれなスノーブーツで、青森の冬を楽しもう -街歩きStyle.- [PR]

  • Twitter

  • 1

    +1

  • はてブ

【SOREL×青森日和】おしゃれなスノーブーツで、青森の冬を楽しもう -街歩きStyle.- [PR]

この記事を書いた人

ハリー

ハリー

美容室アトリエハリヤマ/美容師

自称、青森で一番「ヘッドスパ」に情熱を注ぐ美容師。青森県の耳よりな情報を、雑誌やWEBマガジンに寄稿し、全国へ発信する「ライター活動」も細々とやっている。

※本記事は、SORELのモニター企画にて提供された商品のレビューです。

こんにちは! 少しお久しぶりの、ハリーです。
もう12月。2016年もあっという間に過ぎ去っていきますねー。

さて、みなさんは「SOREL(ソレル)」というブーツのメーカーをご存じでしょうか?

「SOREL」ってなにそれ?

SORELは1962年、カナダの極寒の大地で誕生したブーツのメーカーです。

世界に先駆けて、レザーアッパーに「ラバーボトム」「着脱可能なフェルトライニング」という革新的なコンビネーションのウインターブーツをリリース。

以来、50年以上経った現在でも、ウインターブーツのスタンダードとして、世界中に知られております。

青森の冬にはSORELを

今回ハリーは、SORELを展開する「(株)コロンビアスポーツウェアジャパン」様から、SORELの「カリブー」というブーツを「モニター」として、ご提供頂きました。

親しみやすいヌバックレザーをアッパーに使ったおしゃれなブーツ。そしてなんと、SORELのカリブーは気温「-40℃」まで耐えられる設計なのだとか(笑)

インナーブーツには「アルミフィルム」が内蔵され、これが極寒の地でも足を守ってくれるそうです。

でも「-40℃」まで冷えることは、まず青森市ではあり得ませんが……(笑)

しかし、毎年12月~3月までは、こんな……

こんな……

こんな感じの大雪に見舞われるのが青森市。

なにせ「世界一雪が積もる都市」として、認定されている街ですからね。

でもこんな大雪の青森市であっても、どんなに冷え込んでも市街地は「-10℃」前後です。なので「-40℃」まで耐えられるSORELのカリブーがあれば、冬の青森市ではまず最強でしょう。

例えるなら雪合戦大会戦車参加するくらい、最強だと思います。

SORELを使った「街歩き」ファッション

せっかく「カリブー」のようなスノーブーツを使う機会ができましたので、青森の冬を「快適に」「おしゃれに」楽しめる「冬ファッション」を考えてみたくなりました。

SORELブーツが持つ「アウトドアな雰囲気」を引き立たせられる街歩きファッション。

アウトドアな雰囲気といえば、以前、青森日和の「あおもり山ガール特集」でお世話になった、青森市浜田ドリームタウンAli(アリー)内にあります「グリーンハウス青森店」さん。

青森市最大規模の品揃えを誇る、アウトドア用品店です。

今回も快く、取材にご協力を頂きました。

 

というわけで、グリーンハウス青森店さんに選んでもらったコーデはこちら!

 

「青森の冬を楽しもう -街歩きStyle.-」

ジャケット:コロンビア、ホリゾンズパインインターチェンジジャケット / シャツ:コロンビア、フレアガンフランネルラインドシャツ / キャップ:コロンビア、コットンウッドキャニオンキャップ / グローブ:コロンビア、トレイルサミットランニンググローグ / ブーツ:SOREL、カリブー

 

モデル(私)の目が死んでいるのはご愛敬で(笑)

 

コロンビアが独自に開発した「濡れない」「蒸れない」という特徴を持つ「オムニテック」を使用した防水ジャケット。 そして「体の熱を利用してウェア内を温かく保つ」ことで知られる「オムニヒート」仕様のインナージャケットがセットになってます。これなら真冬でも完璧な防寒防水ですね。

インナージャケットは着脱して単体で使用することもできるので、「一石二鳥」のお得なジャケットです。

ジャケットが落ち着いた色なので、キャップは少し明るめに。最近なにかと話題の短いツバ付きのニットキャップは、ぬくもり感のある色のものを。

オレンジを基準にしたグラデーションや配色されたミックスカラーが、とても良い感じですね。

コロンビアはグローブにも「オムニヒート」を採用しております。

このモデルはタッチスクリーン操作ができる仕様のグローブです。いちいちグローブを着脱しなくてもスマートフォンが操作できます。これなら真冬の屋外で急に上司から電話が来ても、あたふたせずに済みそうですね。

そして、これらのウェア類を引き締めるブーツはもちろん、SORELのカリブー。

ぶっちゃけ履き心地、最高です!

足を入れた瞬間、足全体が「頑丈なフワフワしたもの」に包まれるような、至福の感覚。

そして、予想以上にあったかい。これはステキすぎる……。

歩くと少しブーツの重さは感じますが、まぁ許容範囲内です。

特殊なゴムが使われたSOREL独自のソールは、降り積もった雪の上でもなんのその。

ブーツ本体の内側、シーム部分にも防水コートが施されているので、雪解け水がブーツ内に湿ってくることも防げます。これなら通称「雪やぶ」と呼ばれる雪が降り積もった道でも、超快適そうですね。

後日、カリブーを履いてさっそく雪道を歩いてみましたが、凍った道でも予想以上に滑りにくく、ブーツ内も暖かいことが好印象でした!

せっかくの冬を、楽しまないと!

南国に住んでいる方々には「雪=サラサラして軽くて綺麗な物」だと思われがちですが、青森に住んでいる人間にとっては「雪=湿って重くて厄介な物」という印象が強いです。

特に雪が多い青森の冬は、生半可な装備では、外出することも難しくなります。

雪国で生活するにはそれなりの防寒装備が必要となりますが、防寒のものって、どうしても地味なデザインになりがち……

そういう点では、SORELやコロンビアなどのアウトドア製品って、カラフルでおしゃれなことはもちろん、機能面もしっかりしているので、青森の冬の装備には最適でしょう。

装備さえしっかりしていれば、青森市のように「世界一雪が積もる都市」でも、楽しく快適に過ごすことができます。

せっかく「雪」が積もる街なので「冬しか見られない風景」を探しに、青森の冬の「街歩き」を楽しんでみてはいかがでしょうか? 新しい発見がたくさんありますよ!

今回もお世話になりました!

「青森の冬を楽しもう -街歩きStyle.-」のコーデにご協力頂いたのは、青森市浜田のドリームタウンAli(アリー)内にある、グリーンハウス青森店のスタッフさんたち。

グリーンハウス青森店では、この冬もSOREL製品が大量に入荷中です。種類とサイズも豊富で、女性用、キッズ用のSORELブーツもたくさんあります。ぜひぜひお気に入りの一足を探してみてください!

なお、グリーンハウス青森店では2016年12月25日までの期間中「Columbia オムニヒートフェア」を開催中です!

オムニヒート商品をお買い上げのお客様には、先着で嬉しいプレゼントもあるそうです。この冬の装備はぜひ、グリーンハウス青森店で探してみてくださいね!

SOREL公式サイトはこちら!

グリーンハウス公式サイトはこちら!

スポット情報

スポット情報ページ: グリーンハウス青森店

スポット名 グリーンハウス青森店
住所 青森県青森市浜田3丁目1-1
Google Mapで見る
電話番号 017-752-1004
営業時間 10時~21時
店休日 年中無休
駐車場 あり
ホームページ http://www.ys-greenh.com/ghhpshop.htm

※正確な情報は直接お問い合わせください。

Google Mapで見る

  • Twitter

  • 1

    +1

  • はてブ